これ注目!

「頑張らない四国八十八カ所」って?
初心者にこそ読んで欲しい、お遍路エッセイが登場!

 「お遍路さん」といえば、高野山の開祖である弘法大師・
空海が歩いたことでも有名だが、ペーパーアガサスの読者
のなかにも、四国八十八カ所巡りに興味がある人は多いはず。
でもハードな道のりに、たちまち脱落してしまうかも…
そんな不安を抱く人も少なくないだろう。だけどこれを
読めば、そんな心配はどこかに吹き飛んじゃう! この本は
自分のペースで気軽に楽しもうというお遍路エッセイだ。

仏像イラストレーターである著者が、各地にあるお寺の仏像を
見てまわっているうちに気づいた「弘法大師・空海作」の文字。
以来、著者のなかで空海はスーパースターとなっていた!
「空海が歩いたとされる四国八十八カ所をめぐるお遍路に
行きたい!」という衝動を抑え切れず、四国と埼玉を行ったり
来たりして巡り巡った2年半。無理をせずに、しんどくなったら
電車に乗り、ヒッチハイクなどもする。いい出会いにもたくさん
恵まれた八十八カ所のエピソードはユニークなイラストと共に、
するりと心の中に入って来る。そしてエッセイの最後には
あの場所が…もうおわかりですよね? お遍路さんに少しでも
感心のある人なら、迷わずオススメの1冊だ。

 

おへんろ旅

「空海と仏像に会いにいく ふらりおへんろ旅」 定価1365円

 

奈良の仏像

「拝んでしあわせ 奈良の仏像100」

定価1260円

※共に田中ひろみ著

これは同じ著者による奈良県の仏像100体をイラストで
紹介した1冊。あの“せんとくん”の生みの親による
仏教レクチャーも!

 

問い合わせ

(株)西日本出版社 ℡06・6338・3078

プレゼント! この2冊をセットにして読者1名にプレゼント!
応募方法はプレゼントコーナーの通り。希望欄に
「お遍路&仏像本」と明記して送ってください.。

Trackbacks コメント
コメントする